パソコン基礎知識|起動しない場合の対処法などの基礎知識

HDDを復旧するには

中年男性

パソコンのデータやファイルは全てHDDに入っており、HDDが壊れた場合パソコンのデータもクラッシュします。データ復元は専門の業者に任せれば復元できるかもしれません。

もっと見る

パソコントラブル

仕事する男女

「何もしてないのにパソコンが壊れた」と、パソコンを使ったことがあるなら一度や二度は思ったことがあるかもしれません。それは、ある意味間違ってはいません。パソコンとは、何もしなさすぎても壊れてしまい、起動しなくなるのです。そんな故障の主な原因は、部品の経年劣化や、掃除をしないことによって内部がホコリまみれになったことによるオーバーヒートです。パソコンは、長く使い続けていけば、部品は劣化していきます。最初のうちは部品も新品同様なのですが、長く使い続けていくうちにパソコンの部品は寿命を迎えてしまい、動かなくなってしまいます。そのため、動作に不調が起き始め、最終的には動かなくなってしまいます。後者は、パソコンの掃除を全くしない人に起きるケースです。パソコンは熱でオーバーヒートしないように風通しが良くしてあるのですが、そのためホコリも侵入しやすくなり、部品の上に積もってしまいます。そうなると、内部の熱は高くなってしまい、内部の換気を行うファンもホコリが詰まってしまうと熱が逃げていきにくくなります。その結果、熱によって部品が壊れてしまい、起動しなくなってしまいます。このように、パソコンは使い続けていると何もしなくても壊れてしまうのです。
起動しない場合の主な解決策として、部品交換や内部の掃除をこまめにして故障を予防するという方法があります。特に掃除はこまめに行うことで寿命を大きく伸ばし、長く使い続けていくことができます。また、起動しない場合は業者さんに依頼してチェックしてもらったり、パソコンショップで修理や診断をしてもらうのも有効な手段です。

データの保存をサーバーで

ファイル

重要なデータが入ったパソコンが壊れてしまった場合、取り返しの付かない事態に陥ることもあります。しかし、クラウドでファイルサーバー上に保管することで、最悪の事態を回避できます。

もっと見る

データの引っ越しに

パソコンのデータ

ファイル共有を行うことで、パソコン内のデータの引っ越しは楽に行なえます。また、共有を行う際には個人情報の流出など気をつけておかなければならないことは多いので注意しましょう。

もっと見る