パソコン基礎知識|起動しない場合の対処法などの基礎知識

HDDを復旧するには

中年男性

今まで普通に動いていたパソコンが、ある日を境におかしくなるというのはよくあることです。急にフリーズしたり、再起動してしまったり、もっとひどい場合はブルースクリーンになったりもします。再起動をすれば元に戻るので、多少不便でも気にしないでパソコンを続けていると、そのうち更に状況は悪化してしまいます。それが、HDDの故障です。HDDはパソコンの脳ともいえる部位であり、この中にパソコンのデータやファイルが詰まっています。そのため、HDDが壊れることにより、中のファイルも壊れてしまい、音楽が再生できなくなったり、イラストを閲覧できなくなってしまいます。それだけならまだしも、仕事に必要なデータやファイルが壊れてしまった場合、その損害は果てしないものとなってしまいます。そのため、パソコンの調子がおかしくなったら、最悪の事態が起きる前に対処しましょう。
もし、データやファイルが壊れてしまった場合、データ復元ソフトや、データ復元をしてくれる業者さんにお任せするしかありません。データ復元ソフトの場合、無料のソフトから有料のソフトまであり、場合によっては極めて安価でできますが、パソコンそのものが起動できない場合もありますのでこちらは確実とはいえません。復元業者ならば、ソフトを使って自分で行うよりも確実にデータ復元をしてくれます。破損したファイルをサルベージし、復元作業を行った後、それを新しいHDDに移すのでまたファイルが破損するというリスクを減らすことができます。